ブログ

カテゴリー

カテゴリー

 

 

天草宝島観光協会牛深支部

牛深の昔、漁村風景

天草市牛深町の懐かしき良き時代の漁村風景。

昭和30年代牛深の港は、50を越す巻き網船団でひしめき合っていた、沿岸には200件以上の煮干し加工場が立ち並び、その煙突から出る煙で港の空を暗くしたほどであった。
船着き場では、手漕ぎ船を操り 魚を仕入れるやり取りの声でにぎわい、魚を竹カゴに入れ担いで売り歩く「メゴいな」とよばれた女性達により各家庭の食卓に運ばれた。

(引用:写真集牛深今昔 ~美しいふるさと~吉川茂文作)

今現在、関西のうどんのだしをはじめとする様々な天然だしの素となる鰹節以外の鯖・鰯・鯵などを原料とした節原料では生産量日本一を誇る、80年の歴史ある水産加工の産地です。

天草の樋口海産の水産加工食品は厳選した魚類を使用してます。

樋口海産は水産加工食品において天草市牛深で取れた新鮮で厳選した魚類を、
これまでにない新しい焼き干し加工で魚の持つ旨さを引き出しております。
天草の樋口海産の水産加工食品は贈り物にも好評いただいております。

このページのTOPへ